コラム

column

暖炉とは

レンガや石材などの資材を使って、建物と一体に作られた炉のことを言います。石炭や薪を入れて燃やすと、炎の放射熱によって部屋が暖まる仕組みで、煙は壁の中を通る煙突から外に排出されます。部屋の中で焚き火をするような感覚で使うイメージです。

メリット

存在感のあるインテリアとして、部屋をおしゃれに演出できる点が魅力です。またキャンプの野外調理のような感覚で、料直火で調理できるのも醍醐味といえます。薪を使う代わりに電気代や灯油代がかからないのもメリットです。災害時や停電が起きた際にも明かりや調理、暖房として使えます。

デメリット

暖炉は構造上、煙とともに熱が煙突から出てしまうため、室内を暖めるのに時間がかかります。暖炉の煙突は、炉とレンガが一体化しているため煤が落ちにくく、煙突掃除を業者に依頼する場合のコストも考えておかなくてはいけません。煙突の煙を気にする近隣住民への考慮や、子どものやけどなどにも注意が必要です。

薪ストーブとは

薪を燃やして部屋を暖める暖房器具です。鉄製で箱型の本体に扉が付いている密閉式が一般的ですが、扉のない開放型のものもあります。炎の熱エネルギーは、遠赤外線として薪ストーブを中心に広がる輻射熱(ふくしゃねつ)で部屋全体を暖めます。「熱風が直接当たるのが苦手」という方にも、心地よい暖房でしょう。

メリット

薪ストーブで部屋を暖めながら、上に鍋を乗せれば同時に料理もできますね。料理ができあがる様子を、リビングで時間を過ごしながら家族と一緒に見られるのも素敵です。また、地震や災害でライフラインがストップした場合でも、薪があれば暖がとれるので安心です。

デメリット

薪ストーブのデメリットは、初期費用が高いことと管理に手間がかかること。ストーブ本体、炉代、煙突などの購入・設置工事費用をすべて含めると100万円前後かかります。また、燃料となる薪の保管場所や、煙突掃除・灰の片付けなども必要です。エアコンやヒーターと比較して、暖かくなるまで時間がかかるというデメリットもあります。

煙突なしで設置できる暖炉

●ガス式暖炉

ガス式暖炉は、空気をファンで取り込み、燃焼させて室内に送り出す仕組みです。ガス管の接続が必要なため、壁取り付けタイプや床置きタイプなど、固定する製品が多く販売されています。スイッチ1つですぐに火がつき、早く暖まるのが魅力ですが、二酸化炭素が発生するので換気が必要です。

●液体変性エタノール式暖炉

液体変性エタノールが燃焼すると水と二酸化炭素に変化し、暖まった水が水蒸気となって部屋を加湿してくれる効果もあります。ただし二酸化炭素が発生するため、換気が必要です。1Lで約4時間、1時間あたりのコストは180円ほどです。燃やしているときは無臭ですが、自然消火時は少しにおいが気になるかもしれません。

●バイオエタノール式暖炉

バイオエタノールとは、とうもろこしやサトウキビといった植物由来の液体燃料のことを言います。電気やガスを使わず、実際に炎が出る暖炉を楽しめるのが魅力ですが、二酸化炭素が発生するので定期的な換気が必要です。10L約4,400円で、1時間あたり110円~200円ほどのコストで使用できます。

●電気式暖炉

火を使わない電気式暖炉は、炎のゆらめきを電気で再現し手軽に本物の暖炉のような気分を味わえます。ガスや煤も発生しないため、煙突の手入れも不要です。安いものなら1万円程度で購入でき、デザインが豊富なのでインテリア性を求める人にもおすすめです。

その他暖房器具

●ペレットストーブ

薪ストーブと形状は似ていますが、木質ペレットを燃料とする暖房器具です。ペレットストーブは煙突ではなく壁に横出しの排気筒を設けます。薪ストーブよりも煙が少なく、薪の調達も不要なので手軽に使用できます。

暖炉にかかる費用の目安

●煙突や暖炉の設置費用
暖炉本体は、60万円前後から購入可能です。煙突設置の費用などを含めると、トータルで200万円ほどかかります。サイズや材料にこだわったオーダーメイドの暖炉だと、さらに費用がかかるでしょう。

●薪の購入費用
1束500円の薪を1日に3束使用する場合、月に4万5,000円ほどかかります。

●メンテナンス費用

暖炉の煙突内部には煤などの汚れが溜まるため、1シーズンに2~3回の目安でメンテナンスが必須です。

専門業者に依頼する場合、地域によって異なりますが、1回2万~5万円が相場と言われています。

施工する際の注意点

暖炉の施工時には、煙突を設置する空間や近所迷惑にならないような高さを確保する必要があります。
煙突は壁に埋め込むので一度設置したら移動できません。設計の段階で十分な検討が必要です。

雰囲気のある暖炉や薪ストーブにはとても憧れますよね。
設置コストや維持費などを考え、自分にあったものを選んで家族がゆったり過ごせる空間を作りましょう。

投稿日:2023/01/25投稿者:-

中古+リノベを狙うなら築年月20005月以前がお勧めです

都心部を中心にマンション価格の高騰が続いており、中古戸建てに目を向ける人が増えています。中古戸建てに住むのは不安だなぁと感じる方も多いかもしれませんが、建築年月を目安にすることで、中古戸建て×リフォームに対する不安も解消できるのではないかと思います。

今回は中古戸建ての中でも最も数が多い木造住宅についてご説明いたします。

 

あまりリフォームにお金をかけたくない方は2000年6月以降を狙う

阪神淡路大震災の教訓を受けて2000年6月に建築基準法が改正されました。主な改正内容は壁の配置バランスの規定と接合金物の規定です。あまりリフォームにお金をかけたくない人は2000年6月以降の物件を探すのが良いでしょう。ただ、築浅物件は人気が高く、気に入った物件が見つかったら早めに決断しなければあっという間に売れてしまいます。物件情報はこまめにチェックしましょう。

 

中古+リノベは新耐震の物件を選ぼう

せっかく家を買うのだからお風呂やキッチンなどの設備は新しくしたい!とある程度まとまったリフォームを想定される方は2000年5月以前の物件を検討するのも良いでしょう。
築年数が古くなればなるほど売り出し価格は安くなる傾向にあるので、リフォームで直すことを前提にするのであれば、なるべく物件価格を抑えるというのも合理的な判断です。
しかし、いくら安いからといって1981年5月以前の「旧耐震」と言われる時期の建物はお勧めできません。(土地に余程の価値がある場合は除く)
旧耐震の物件はリフォームで直すよりも建て替えた方が合理的な場合も多いためです。
物件価格が安い旧耐震の物件に、最低限のリフォームで住むというのが最もリスクの高い判断となります。

 

建物が傾いている物件は避ける

建物の劣化事象はリフォームで直すことができますが、高額な費用が必要となる劣化事象が存在します。まずは建物の傾きです。建物の傾きを補正する技術もありますが、建物の状況によっては改修工事を行うことができません。何より施工費用が高額です。
既存住宅状況調査で指摘されるレベル(6/1000以上)の傾きがある家は避けましょう。建物の傾きはレーザーレベルなどの機器で計測するのですが、お持ちの方は少ないと思います。内見時に家の中だけでなく建物の外側もチェックし、基礎や外壁にひび割れが多く見られる場合は建物の傾きが懸念されるので早めに建築士の判断を仰いだ方が良いでしょう。

 

雨漏れ跡を見逃さない

雨漏れは建物の劣化を表す重要なサインです。
物件の内見時には天井をよくチェックして、雨染みがないか確認しましょう。
特に2階(3階)バルコニーの直下に位置する部屋で雨染みが見られる場合、バルコニーの防水周りでの不具合が懸念されます。雨漏れは発生原因を特定しにくいケースが多いので、雨染みが見られた物件については建築士に早めに相談して、購入するかどうかを判断した方が良いでしょう。

 

タイルのお風呂

浴室がユニットバスではなくタイル張りのお風呂の場合、水漏れで浴室周りの木材が影響を受けている可能性があります。タイルのお風呂はそのまま使うのではなくユニットバスへの交換がお勧めですが、劣化が見られる場合は余分な改修費用がかかってしまうので、予算が厳しい場合はタイルのお風呂がある物件は避けた方が良いかもしれません。

 

耐震改修を前提とすれば間取り変更は比較的容易

今はリビングをなるべく大空間にする間取りが主流ですが、少し前はLDKの隣に和室を併設する間取りが主流だったことがあります。
また、キッチンはカウンター式のものが増えていますが、空間を有効利用するために壁に向いているレイアウトが多かった時期もあります。
このように実際に物件を見に行った際に間取りが気になることは大いにあるでしょう。
2000年5月以前の中古戸建ての場合、耐震診断や耐震改修(旧耐震に比べると軽微な改修工事で済みます)が不可欠ですが、耐震改修工事は壁を強くする工事なので、間取り変更で壁を撤去したとしても、その分別の箇所を補強すれば良いだけなので、間取り変更は思ったよりも容易に行うことができます。理想の間取りにリフォームすることも難しくないかもしれません、積極的に検討してみることをお勧めします。

住宅購入を考える時に「既にできているものが欲しい」と「家づくりを楽しみたい」の二つに分かれます。前者の場合は、2000年6月以降の建物を軽微なリフォーム程度で購入するのがお勧めです。(事業者によるリノベーション済み物件もお勧めです。)

もしせっかくの住宅購入だから家づくりも楽しみたいとお考えの方は、耐震改修や劣化改修を前提として、2000年5月以前の少し古い物件に目を向けてみるのも良いかもしれません。

投稿日:2023/01/25投稿者:-

みなさん収納スペースは考えてますか?!


どうも!飯塚市のダイドー不動産です!

飯塚市近郊で住まいを建てようと検討中の方へ!

家を建てようと考えるとき、どこに収納スペースを作るか
どれくらい収納スペースを作るか悩みますよね!

 

住まいの成功&失敗アンケートなどで、必ず上位にランキングされるのが「収納」です。
では、理想とする収納率(面積バランス)はどのくらい必要なのでしょうか。

 

収納率とは
収納スペースを、延べ床面積で割った百分率のことを「収納率」といいます。
新築住宅を計画するのなら、12~13%と言われています。
例えば、延べ床面積30坪の住宅ならば、30坪×(12~13%)≒4坪となり8帖分の広さです。
この8帖分の収納をどのように割り振ればよいのでしょうか。

 

今人気の収納スペースとして挙げられるのが下記の収納です。
自分が家を建てるのであれば絶対に必要と考えています。

・玄関脇に設けた収納庫
・キッチン横にパントリー
・ウォークインクロゼット

 

次に先程の8帖分の収納を割り振ってみました。

玄関収納庫・・・2.0(帖)
パントリー・・・1.0(帖)
主寝室WICL・・・2.0(帖)
子供部屋CL・・・0.5(帖)
子供部屋CL・・・0.5(帖)
共有収納(1F,2F)・・2.0(帖)

 

ただし、あくまでも理想です。
延床面積の問題やコストの問題そして使い易さを重視して稼働式の棚やデットスペースをうまく活用して
収納問題を解決する提案しているサイトもありました。
ご紹介はできませんがいろいろなアイデアがあります。

 

お住まい探しの際には家族の収納を各自の部屋にではなく使う場所に分散して収納するという考え方もあり、何かの参考にして頂ければ幸いです。

 

ダイドー不動産ではリノベーション・リフォームに関するご相談も承っております。
お気軽にご連絡下さい!

ダイドー不動産の松本健一郎でした!

投稿日:2022/09/15投稿者:松本 健一郎

子育て後の住まいの選択肢をあなたは考えてますか?

 

飯塚市を中心に活動するダイドー不動産です。

本日は「子育て後の住まいの選択肢」についてご説明いたします。


■「一生に一度の大きな買い物」は注意して考えよう!


住宅購入を検討する際には、常に「買う」ことが頭をよぎり、将来の事は考えにくい方が多いです。
それも、「一生に一度の大きな買い物」と考えての行動が多い為、購入する事に注力しがちです。
そこで今回は住宅購入後、それも子育て後の住まいの選択肢について解説をしたいと思います。ぜひ、今後の参考にお役立て下さい。

 

子どもが独立して子育てを終え、夫婦2人の生活が始まるという場合に考えたいのが今後の住まいをどうするかという事です。
例としては、「子育て後の自宅は大きすぎる」と考えますが、住み慣れた自宅にそのまま住み続ける方が多いという事です。
また、持ち家の場合は長期的に必要な修繕にどう備えるかが大切になります。
一般的な戸建て住宅(延べ床面積116平方メートル、木造2階建て)の築後30年間の修繕費は合計で約900万円掛かるという試算もあり、子育て後の自宅にその金額を投資し続ける事に頭を抱える方もいます。


勿論、修繕を先送りしすぎると余計にお金がかかる為、早めに対応したほうが良いのも事実です。

分譲マンションも築30~40年たつと給排水管や機械式駐車場の更新など大規模な修繕工事が必要になります。
通常は長期修繕計画に基づいて費用を積み立てていますが、実際に工事になると費用が計画を上回ることもあり、金融機関からの借入で対応するケースもあるようです。

 

■子育て後の住まいの選択肢。実は色々あります!


賃貸住宅なら、長期修繕費の心配はない代わりに家賃を払い続ける必要があり、住む場所にもよりますが、毎月10万円前後、賃貸の更新の際には約1ヶ月分の更新料等が掛かりますので、年齢を重ねれば、その負担は大きなものとなります。また、高齢になると新たに賃貸住宅を借りるのが一般的に難しくなりやすいという問題もあります。

 

最近では高齢期は自宅に住むほかに、シニア向けの住宅や施設に入居する選択肢もあります。
一つはサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。民間事業者が自治体に登録して運営する賃貸住宅で、バリアフリー設計、安否確認サービスなどが特徴です。ほとんどのサ高住は食事も提供し、60歳以上か介護保険制度の要支援・要介護の認定を受けた人が入居できるのが特徴です。

 

ちなみに、ライフルシニア(東京・千代田)が運営する高齢者施設検索サイト「LIFULL介護」によると、全国のサ高住の入居時費用の相場は19万8000円、入居時費用ありの場合の月額費用の相場は16万8000円。
東京都内の相場でも入居時費用32万円、月額費用が21万1000円との事です。その為、この選択が出来る方は若いうちに、資金を貯蓄し、資金的に余裕がある方の選択肢とも言えます。

 

■自宅サイズを変えて子育て後の生活を楽しもう!


大きな自宅に住み続けるよりも、自宅サイズを変えて子育て後の生活を楽しむのはいかがでしょうか。
個人的にはある程度、その人の健康状態にもよりますが、大きめのご自宅は売却をして、60㎡前後のマンションに引っ越しをして、それも引っ越し時にある程度のリフォームをして最新の設備環境で老後生活を過ごしていく事が良いのではないかと思っています。

 

勿論、資産価値がある程度ある不動産の売却が前提となりますが、不動産購入時に「一生に一度の大きな買い物!」と考えすぎず、子育て後の住まいは自宅サイズを変えて、上手く不動産と付き合う事も選択肢としてお持ちいただければ幸いです。

今後の参考にお役立て下さいませ!

 

以上、ダイドー不動産 松本健一郎でした。

 


投稿日:2022/09/08投稿者:松本 健一郎

不動産広告だけで「新耐震基準・旧耐震基準」を判断してはいけません!


飯塚市を中心に活動するダイドー不動産です。

本日は新耐震基準・旧耐震基準の勘違いについてご説明いたします。

 

「新耐震基準・旧耐震基準」を正確に判断する方法


よく耳にする「新耐震基準・旧耐震基準」。

この法律の境目を正確に判定する方法をご存知でしょうか?

建築基準法は昭和56年6月に変わっているのは、ご存知の方も多いことでしょう。

でも、例えば不動産広告で昭和58年10月築となっていても、新耐震基準の場合もあれば、旧耐震基準の場合もあるのです。
この部分を正確に把握なさっていないお客様が多くいらっしゃるので、今回は、その判断方法を共有したいと思います。

戸建の場合には、耐震補強をしてしまえば性能向上させることができるので、そこまで深刻な問題ではありませんが(とはいえ、かし保険検査基準等にも関係することなので、重要です。)、マンションの場合には、自分勝手には耐震補強ができませんので、特に注意が必要です!

 

ポイントは建築確認申請の日付!

 

新耐震か否かの境目は、「建築確認申請」が昭和56年6月よりも前か後かというところがポイントです。広告物記載の築年数は、建物の登記簿謄本の新築年月日をもとに記載するのですが、

これは、建築確認申請の日ではなく完工の年月ですので、確認申請との間にタイムラグが生じます。マンションは戸建てよりも規模が大きいので、確認申請~完工までの期間を、
最低でも1年間はみておいた方が良いでしょう。例えば、昭和60年築のマンションということであれば、十中八九、新耐震基準と言えると思いますが、時期がきわどいものは、もう少し詳細な調査を行なう必要があります。

 

実は旧耐震基準だったマンションの事例

 

ちなみに、下記「建築確認台帳記載事項証明書」のリンクのマンションは、広告には昭和58年2月築と記載されていましたが、建築確認は旧耐震基準でした。

建築確認申請がいつか?は、下記の書類のいずれかを確認することで正確な時期が分かります。いずれも、物件が所在する市区町村の役所で取得することができます。建物規模が大きいものは、都県庁で管理していることもあります。

≪建築計画概要書≫

https://rchukai.jp/c_doc/201807120001.pdf

 

※実際のものは、もっとページ数があり、建物や敷地の大きさ、配置図なども記載されています。

≪建築確認台帳記載事項証明書≫

https://rchukai.jp/c_doc/201807120002.pdf

 

以上、ダイドー不動産 松本でした!

 

投稿日:2022/09/06投稿者:松本 健一郎